電子くじの仕様

電子入札システムにおいて、落札となるべき同価の入札をした者が2名以上いる場合は、電子くじにより落札者を決定します。

くじ判定の仕様
  1. 入札書提出時、入札参加者は任意の3桁のくじ番号を入力します(入力くじ番号)。
    紙入札で参加の場合、入力くじ番号は「000」となります。
  2. 入力くじ番号と入札書受信日時の秒(ミリ秒単位の下3桁を使用)の和を、計算に使用する実際のくじ番号(決定くじ番号)とします(和が4桁になる場合は、下3桁をくじ番号とします)。入札書受信日時は「入札書受信確認通知」又は「入札書受付票」に表示されます。
  3. 電子くじ対象者を抽出し、入札順位を決定します(詳細は判定例を確認ください)。
  4. 次の数式で得られた余りの数字を当選番号とします。
    くじ対象入札参加者の決定くじ番号の和 ÷ くじ対象入札参加者数
  5. 入札順位と当選番号が一致した入札参加者が落札対象業者となります。
電子くじ判定例(電子入札業者のみの場合)

(1) 開札状況:A社、B社、C社、D社、E社、F社の入札参加者が次のような入札を行ったとします

入札参加者入札金額入力くじ番号入札書受信日時決定くじ番号くじ対象
A社5,000,000 343H16.11.1 12時00分12秒123 466 = (343 + 123)
B社6,000,000 566H16.11.1 16時12分25秒355 921 = (566 + 355)
C社5,000,000 887H16.11.2 09時05分55秒550 437 = (887 + 550)
D社5,500,000 001H16.11.2 15時13分30秒409 410 = (1 + 409)
E社5,000,000 909H16.11.4 16時09分33秒332 241 = (909 + 332)
F社5,000,000 776H16.11.5 15時10分00秒005 781 = (776 + 5)

(2) くじ入札参加者の抽出と入札順位の割当:同額の入札をした入札参加者がくじ対象となり、各々の入札順位は次のとおりとなります(入札書提出日時の早い順番に設定されます)。

入札参加者入札書受信日時業者番号入札順位区分
A社H16.11.1 12時00分12秒123 36000010060電子
C社H16.11.2 09時05分55秒550 36000010081電子
E社H16.11.4 16時09分33秒332 36000010092電子
F社H16.11.5 15時10分00秒005 36000010103電子

(3) 当選番号の計算

入札参加者決定くじ番号当選番号
A社466 (466+437+241+781)÷4
= 481 余り 1
C社(落札)437
E社241
F社781

(4) 当選番号(余り)= 1となり、入札順位 = 1であるC社が落札者となります。

電子くじ判定例(紙入札業者のみの場合)

(1) 開札状況:A社、B社、C社、D社、E社、F社の入札参加者が次のような入札を行ったとします

入札参加者入札金額入力くじ番号入札書受信日時決定くじ番号くじ対象
A社5,000,000 000H16.11.1 12時00分12秒123 123 = (000 + 123)
B社6,000,000 000H16.11.1 12時00分12秒355 355 = (000 + 355)
C社 5,000,000 000 H16.11.1 12時00分12秒550 550 = (000 + 550)
D社5,500,000 000H16.11.1 12時00分12秒409 409 = (000 + 409)
E社5,000,000 000H16.11.1 12時00分12秒332 332 = (000 + 332)
F社5,000,000 000H16.11.1 12時00分12秒005 5 = (000 + 5)

(2) くじ入札参加者の抽出と入札順位の割当:同額の入札をした入札参加者がくじ対象となり、各々の入札順位は次のとおりとなります(入札書提出日時の早い順番に設定されます)。

入札参加者入札書受信日時業者番号入札順位区分
E社H16.11.1 12時00分12秒332 36000010060
C社H16.11.1 12時00分12秒550 36000010081
A社H16.11.1 12時00分12秒132 36000010092
F社H16.11.1 12時00分12秒005 36000010103

(3) 当選番号の計算

入札参加者決定くじ番号当選番号
A社(落札)123 (123+550+332+005)÷4
=1010÷4
=252 余り 2
C社550
E社332
F社005

(4) 当選番号(余り)= 2となり、入札順位 = 2であるA社が落札者となります。

電子くじ判定例(電子入札業者と紙入札業者が混在する場合)

(1) 開札状況:A社、B社、C社、D社、E社、F社の入札参加者が次のような入札を行ったとします

入札参加者入札金額入力くじ番号入札書受信日時決定くじ番号くじ対象
A社5,000,000 000H16.11.5 12時00分12秒123 123 = (000 + 123)
B社6,000,000 566H16.11.1 16時12分25秒355 921 = (566 + 355)
C社5,000,000 887H16.11.2 09時05分55秒550 437 = (887 + 550)
D社5,500,000 001H16.11.2 15時13分30秒409 410 = (1 + 409)
E社5,000,000 909H16.11.4 16時09分33秒332 241 = (909 + 332)
F社5,000,000 000H16.11.5 12時00分12秒005 5 = (000 + 5)

(2) くじ入札参加者の抽出と入札順位の割当:同額の入札をした入札参加者がくじ対象となり、各々の入札順位は次のとおりとなります(入札書提出日時の早い順番に設定されます)。

入札参加者入札書受信日時業者番号入札順位区分
C社H16.11.2 09時05分55秒550 36000010080電子
E社H16.11.4 16時09分33秒332 36000010061電子
A社H16.11.5 12時00分12秒123 36000010092
F社H16.11.5 12時00分12秒005 36000010103

(3) 当選番号の計算

くじ入札参加者決定くじ番号当選番号
A社(落札)123 (123+437+241+005)÷4
=806÷4
=201 余り 2
C社437
E社241
F社5

(4) 当選番号(余り)= 2となり、入札順位 = 2であるA社が落札者となります。